早いもので・・・
昨日は、12月に亡くなった叔父の四十九日で
母の実家である田舎へ出かけた・・・

この前こそ・・・叔父の病院の送り迎えや稲刈りをしていたみたいなのに・・・
もう四十九日

って・・・沈んだ気持ちもありながらも
湿っぽいのは嫌いでみんなでワイワイするのが大好きだった叔父のために
昨日も一人、ワイワイしゃべって法要を終えた私



今日もおいで頂きありがとうございます  
こちらをポチっご協力して頂けるとうれしいです
         にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ




法要でのお坊さんの説法

『法要とは亡くなった方を忍びながら、

今、生きている自分の命について考えることが大切☝

人は、必ずいつかは死ぬのだけれど…

今、生かされているということを考えると

どう生きるか?考えなければいけない❗

生きている私たちは

生きているからこそ時がドンドン過ぎていき

もう四十九日が来て・・・また日々を過ごしていく

でも、時が過ぎるということは着実に死に近づいている

法要で故人を忍びながら、これからの日々をどう生きるのか?

考えるための機会を頂くのが法要です


お坊さんの話を聞いて・・・

『俺はまだまだ死なんけんの!

まだ希望は捨ててないけんの!

奇跡が起きるっち信じちょんけん


最後まで言っていた叔父の生きようとする
前向きな言葉を思い出した

生きたいと思いながらも生きることができない人がいる中で
今、生かされている私・・・

やらずに後悔するよりも
生きている間に死ぬときに後悔しないように

やりたいこと

できること

自分だけのためではなく

人のためにできることも

後悔しないようにやっていこう!

って・・・思いながら

今朝は、ちょっと起きれなくて寝坊気味だったけど
今、やれること!って思って作ったお弁当・・・
20170130.jpg
でも・・・残り物弁当でした

スポンサーサイト
[2017/01/30 22:59 ] | 学び | コメント(0) | トラックバック(0)
<<未来と過去 | ホーム | 教えるということ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad