安心の意味
昨日の法事でのお坊さんの説法

お坊さんが久しぶりに同窓会に行ったとき

みんな定年退職してのんびりした生活をしていて
お坊さんである同級生に聞くことは一つだけらしい

『死んだらどこに俺たちは行くんだろう?
 地獄だろうか?天国だろうか?』

お坊さんは、そんなわけのわからんことを聞くか?
と答えたらしい(笑)

例えば、道を歩いている人に

『私はどこに行ったらいいのでしょう?』
って聞いたら・・・

おかしな人が歩いていると警察か病院に通報されるはずだと・・・

それと死んだら俺たちはどこに行くんだろう?って聞くのは同じだと(笑)

たしかに・・・

真宗では死んだらみんなお浄土に行く
そこには先に亡くなったご先祖さまたちが仏様となっておられる
自分が死んだらそこで亡くなったご先祖さまから迎えてもらえる✨✨✨

『安心』という言葉は

ウ冠に女と書く
ウ冠は『家』を意味すると言われている
家にお母さんがいて

『ただいまぁ~!』と言えば『お帰り~!』と言ってもらえるだけで
安らぎをもらえる

私たちがこの世で暮らせているのも
あの世(ご浄土)でご先祖さまが守ってくれているから!

私たちがこの世で終わりを告げても
あの世(ご浄土)でご先祖さまが私たちを
『お帰り』と出迎えてくれる

と、思って日々、ご先祖様に感謝して暮らせば

『死んだらどこに行くんだろうか?』という質問もしないのでは?

家にお母さんが待っていてくれると思うだけで安心するように
あの世という家にご先祖さまというお母さんのような存在が待ってくれていると
思うだけで安心するのでは?

という話

安心の意味は

家に女の人がいれば、家が安らぐという意味ではなく
出迎えてくれる人(ご先祖)がいる・・・

自分には帰る場所があるというだけで
日々、心に安らぎをもって暮らすことができるという意味らしい
スポンサーサイト
[2016/10/30 22:05 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<運気がよくなる! | ホーム | 三回忌>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad