何でもやればできる
昨日も今日も主人は出張でお弁当は作らなくてもよかった(^^♪

昨日は午後から、先月片づけをさせていただいた方のお宅へ
長男をつれて見直しに出かけ
   ↑
私一人でもよかったんだけど
ブログをいつも見てくださっているので
アメリカから帰国した長男に会いたい!とのリクエストを受けて
長男を連れて行った(笑)

昔からブログを見てくださっている方や
このお客様のように片づけでかかわったお客様・・・
たくさんの方々から長男がたった3か月アメリカに行って帰ってきただけなのに

『よかったですね~✨ご長男さんが無事に帰ってきて!』

たくさんの人に長男は心配してもらえて・・・
本当に幸せ者だと思っております

この場を借りて・・・心から感謝しております

昨日は、お客様のお宅を出てから
健康セミナーを受講して帰宅したのは午後10時・・・

それからお風呂に入って
主人と食事して
疲れ果ててブログを書く元気もなく寝てしまったのですが

今朝もお弁当は作らなくていいのですが
早く起きて

母の実家である田舎にまた長男と二人で出かけた

昨日も今日もなんだけど・・・
母が運転しているのに長男ときたら

後部座席で高いびき
  ↑
おいおい 母に気を遣わんかい

って思ってしまう私は鬼母????(笑)

結局、行きも帰りも車の中で爆睡だった長男と一緒に
今日は田舎の稲刈り       

生まれて46年・・・実家に畑も田んぼもないので
稲刈りなんてしたこともない私

今年、病気になって稲刈りができなくなった叔父の変わりの手伝いとして
うちの長男だけ手伝いに行くことになっていたのですが・・・

一人でも人数多い方がいいかと???
猫の手くらいにはなるかな?程度で私も手伝いに行った

私・・・田舎では初孫なので可愛がられて
何もせずに・・・というよりも
祖母が生きている頃は何か私が手伝おうとすると・・・

『危ない!』とか『由美には無理やけん
と手伝わせてもらうこともなかったから

私が農作業なんてできるとも思っていない叔父と叔母
私自身も私が農作業の手伝いなんてできるんだろうか?
って思いつつも行ったんだけど・・・

これがやってみると・・・

何でもどうやったら

そんなに動くことなく

早く効率的に作業できるのか?


片づけの現場やっているおかげで考える癖がついているので・・・(笑)

刈ったもち米を陰干しするために竹にかけていく作業も
アメリカで農作業を3か月もやってきた長男よりも

農作業の経験がほぼない私の方が作業が早い!!!

叔母からは

『由美ちゃん、作業が早いなぁ~✨✨
 由美ちゃんは何をさせてもはやいわぁ~✨✨』


とほめられた

本来なら一日かかるはずの陰干し作業も
20161013.jpg
大人数でやったおかげと・・・
私の作業が手際よかった?!おかげで???(笑)

昼には終了

きっと今日の私の様子を草葉の陰から亡き祖母は見ていて

『由美が稲刈りなんてしよるぅ~  

びっくりしたに違いない(笑)

でも・・・きっと・・・

『由美ぃ~ようできたなぁ~✨✨』

ってきっと泣いて喜んでいるはず!

と・・・叔父や叔母や裏に住んでいる親せきのばあちゃんに言うと

『そうやなぁ~』・・・一同納得(笑)

それにしても
とにかくしゃがんでは、刈り終えた稲を集めたり・・・
陰干しもしゃがんでは竹に稲をかけていき

今は、稲を刈るのも
刈った稲を束にするのも機械がやってくれるんだけど

亡くなった祖母が若い時って
すべて手作業だったはず

ばあちゃんは50代のころから腰が曲がって
しわもいっぱいあって・・・
年齢よりもずっと更けてみえていた

こんな大変な作業をずっとやっていれば
腰も曲がるよね

一日中外にいれば、しわだらけになって当然だよね

ばあちゃんの苦労を少しだけ理解することができた・・・
ほんの少しだけ・・・なんだけど

今の時代は 昔に比べたら・・・・絶対にすべてにおいて楽!なはず

祖母はごはんもかまどで炊いて・・・
お風呂も五右衛門風呂でマキを炊いて・・・

どれだけ大変だったんだろう?

って思ったら、慣れないことをやって腰も足も痛かったんだけど
ご飯作るのも面倒だったんだけど・・・

ばあちゃんはこんなに疲れていても
かまどでご飯を炊いて
私の母たちにご飯をつくっていたんだぁ~

って思ったら・・・私も負けてはいられない!
昔に比べればめちゃめちゃ簡単にご飯作れるんだもん

やったことがない稲刈りができたんだから・・・
ご飯作るくらい何でもない!

何でもやればできる!

ただ『やる』か?『やらないか?』だけ


スポンサーサイト
[2016/10/13 23:15 ] | 親戚 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<お告げ? | ホーム | きれいに見える収納>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad