自分は何者なのか?
今日の主人のお弁当は
20160923.jpg

昨夜、ブログを書いて
仕事をして寝よう・・・と思ったら
ふと・・・

明日、お父さん(実家の父)においなりさんを作って持っていこうかな?

って思い立って
深夜1時を過ぎていたんだけど

それから油揚げをゆでて
味付けして
寝たのは・・・2時すぎ

でも・・・

もちろん父も主人も次男も
おいなりさんをおいしそうに食べてくれたので
夜なべした甲斐があった



今日もおいで頂きありがとうございます  
こちらをポチっご協力して頂けるとうれしいです
         にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ



我が家の長男がアメリカへ旅立ったのは
7月5日・・・

そして、来週29日にはもう帰国する
はやっ

もう帰国するの???って感じなんだけど

祖父母である私の父や母にとっては
やっとで異国から大事な大事な初孫が帰ってくる・・・
最近、私の顔を見ると

『海渡がもうすぐ帰ってくる

長男が帰ってくるのを心待ちにしている様子(笑)

いよいよ帰国が迫ってきた長男はというと・・・
2016092302.jpg
一度、山に登ってみた満月に感動して
帰国前に再度、満月を見るために山に登ったり・・・

街にお土産を買いに行ったり・・・
休日に
遊園地や海に連れて行ってもらったり・・・
2016092301.jpg
帰国を待ち遠しく思っている
主人や祖父母とは、反対に楽しんでいる様子(^^;

将来、何をしたらいいのか?
自分は何者なのか?
これからどうしたらいいんだろう?

って、私たちの年になったってたまに悩むこともある

ましてや18歳の息子・・・
将来のことがわからなくて悩んで当然

でも・・・普通の親なら
大学とか専門学校に行って
将来を考えよ!っていうのが普通なんだろうけど

そこが普通ではないのが私(^^;

何になりたいのか?
将来のことを考えるためにお金をかけて
大学や専門学校に行かせようなんて思わない!

わからないならわからないでいい

でも・・・きっと・・・私と主人の子だから

大丈夫

いつか自分がやりたいことをみつけるだろう

って・・・信じて
私たちの目が届かない
口出しができないところ(アメリカ)に
自然農法のお手伝いに行かせたんだけど

アメリカに行かせることが大事なのではなく
私たちの目の届かないところに行かせることが大事なのでもなく

大学や専門学校に行かせたとしても
アメリカに行かせたとしても
何をさせるにしても大事なことって

ただ一つだと私は思っている

まだ何者になるのかもわからない子供だけど
その子の可能性を信じてあげること

子供が生まれて
赤ちゃんの時には
この子は将来、どんな風に育つんだろう?
ワクワクしながら成長を楽しみにしていた

どんな職業でもいい・・・元気に育ってくれれば

って思っていたのに
成長すればするほど
親って勝手なもので

もっと成績が上がったら・・・
いい高校に行けたら・・・
いい大学に行ってほしい・・・
安定した職業についてほしい・・・

などなど初心を忘れてしまい欲を出してしまう

って・・・偉そうなことを言っている私もそうだったんだけどね(笑)

うちの息子は勉強は嫌いだし
成績も悪かったし・・・

でも・・・私は信じている

私と主人のこどもだから
きっといつかこの子も自分が好きなことを見つけて巣立つはず

気持ちは伝わるはず

生け花でも『かわいい』と言ったり思ったりしていたら長くもつように
ほったらかしにしたり嫌な言葉をかけるとすぐに枯れるように・・・

気持ちって伝わるはず

どんな思いで私たちがアメリカに行かせたか?!

きっと伝わっているはず

最近、長男からくるメールの内容も変わってきた
18歳のまだまだ子供だけど
アメリカの異国でたった3か月だけど
自分で考えて必死で朝から晩まで農作業に頑張ったはず

きっと私たちが行かせた気持ちが伝わったからこそ
息子も変わってきたんだと思う

その証拠に
最近の写真の中の長男は
私たち親がいらない欲を持たずに
長男の将来を楽しみにしていた頃と同じ

子供はいろいろな可能性を秘めている!
今、学校に行かないからダメになる
今、勉強しないからダメになる
今、犯行ばかりしているからダメになる

ダメになるって決めてしまうのは親!!!!

気持ちは伝わる

小さい頃に子供たちに感じた
『この子は将来何になるのかしら?』
って・・・ワクワク感をずっと親も持つことが大切

なんだなぁ~と長男をみていて最近、私は思う(^^)
スポンサーサイト
[2016/09/23 23:09 ] | 子育て | コメント(0) | トラックバック(0)
<<魔法使い | ホーム | やってみなけりゃわからない>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad