富士山からの学び
今日と昨日の昨日の主人のお弁当・・・
2016090203.jpg
これは作る予定がなかった昨日のお弁当

たまたま起きれたからお弁当作っただけなんだけど・・・

仕事から帰宅すると

『ありがとう!お弁当💛 おいしかったわぁ~
と・・・大きな声で言ってくれた主人(^^;

私がいないと好き嫌いが多い主人は
ずっとパンを食べているらしく
一週間もパンを食べて飽き飽きしていて
久しぶりにお弁当を食べたらおいしかったのか?_

『やっぱぁ~お弁当はおいしいのぉ~

と喜んでくれたので今日も作ることにした(^^)v

2016090202.jpg

普段は当たり前に持っていくお弁当も
一週間ないとありがたく思えるから不思議だね(笑)


今日もおいで頂きありがとうございます  
こちらをポチっご協力して頂けるとうれしいです
         にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ




富士山を下山している時に

『須摩さん、この小さい芽が大きくなるのにどれだけ
 時間がかかると思う?』

って、ガイドさんから言われた

その芽というのがこれ
20160902.jpg
この小さな芽が大きな群衆になるまで

こんな大きな群衆の状態になるまで
2016099201.jpg

なんと・・・・30年かかるらしい

それまでにこの小さな芽は
大雪や大雨や直射日光にさらされて
過酷な状況の中を生き残り
大きな群衆になっていく

大きな富士山という世界でこの小さな芽が育つまでに
どんなドラマがあるんだろう?って想像するだけでも大変そう

この芽の話を聞いた時

私がこの仕事を始めた時

たぶんこんな小さな芽だったんだろうって思った
まだ大きな群衆にはなっていないけど
大雨や大雪、食者日光のようないろいろな苦難を乗り越えながら
少しずつ群衆を大きくしていっているはず

何事もはじめから立派に何の苦難もなく成長することはない!

子供の成長もそうだと思う

苦難に合わないように温室で育てれば
何かあれば枯れてしまうかもしれない・・・

小さなすぐに枯れてしまいそうな芽だけど
その生命力を信じて見守る
富士山のように自分の栄養を与えながらも黙って見守ることで
小さな芽も大きな群衆に育て富士山を守る自然になってくれるのかもしれない

小さな芽からの気づき・・・

山頂を目指して登っている時にも

こんなに苦しいなら
『もうやめよう! あきらめよう

って何度も思ったんだけど・・・・

こんな苦しい思いって今までしたことないな

この苦しさを乗り越えたらきっとなんでも耐えることができるかもしれない!

足を踏み出すたびに心臓がバクバクする
息はあがって呼吸するのも苦しい・・・

この苦しさは生きる苦しさと一緒

ここで頑張ったらこれからの人生なんでもこい!!!

きっと変わるかもしれない

って必死で登った

母に山頂まで登れたよぉ~!って電話すると・・・

『すごいなぁ~ 本当に登れたん?

 由美ちゃん、大変な思いして富士山に登れたんなら

 これからの人生なんでもないでしょう?

 由美ちゃんに足りないのは我慢だから!

 富士山の苦しさに比べたら我慢なんて大したことないでしょ?

 我慢を学んだと思ってこれからはもっと我慢しなさいね!』


46歳の娘が母に我慢するようにお説教されてしまいました(--;

ちゃんと私は自分で気づいてますから・・・
そうやっていらんこというからいけないんだよ・・・お母さん
富士山のようにならないと!



職場、身近な人間関係とか
コミュニケーションで昔の私のように悩んでいる人に伝えたい

20160818.jpg


= 思考タイプ別コミュニケーションセミナー in 宮崎 =

★日時 平成28年9月11日(日) 9:30~16:30

★会場 宮崎県宮崎市宮脇町64-1
          cafe PIT(カフェ ピット)

★受講料 17,820円(テキスト代、診断料込、税込)
        ランチ+ソフトドリンクのランチセットと3時のティータイムのソフトドリンク付き

◎早割あり!8月31日までにお申込みの方に限り
◎ペア割あり!お二人でお申込みの方々
 →受講料 お一人様 17,800円→15,000円(税込)

★定員 20名

講師 須摩由美
補足 持参物/筆記具
    昼食は人気カフェ「cafe PIT」のランチ付き。ソフトドリンクはお選びいただけます。


#ハッシュタグ 宮崎 思考 富士山 学び


スポンサーサイト
[2016/09/02 22:56 ] | 学び | コメント(0) | トラックバック(0)
<<すべて意味がある | ホーム | 挫折しなかった理由>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad