若いころの自分に伝えたかったこと
今週、初めて作る主人のお弁当は
20160511.jpg

月曜日は胃痛で作れず
火曜日は主人が出張で作らなくてよくて
ようやく今週作ったお弁当だけど

いつものように有り合わせの簡単弁当


今日もおいで頂きありがとうございます  
こちらをポチっご協力して頂けるとうれしいです
         にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ




日曜日、黒川温泉から帰宅してから
3年前に一度会ったことがある人へ
効き脳診断の結果とカウンセリングを行った

3年前に会った時に何度か話しかけたんだけど
話しかけないでオーラーがすごくてあまり会話もできなかった

って私は記憶している人

でも・・・その人はその人で

片づけの先生だし・・・
きっといろいろ指摘する怖い人だろう

って思って避けていたらしい(笑)

今回、初めてまともに話すことになり
いつものように診断した結果を伝えただけなんだけど

「なんでわかるのぉ~

「ずっと前から知っていた感じ~

私のこと怖がっていた人がすごい変貌

「すまちゃんに会いたい~

「私のことこんなにわかってくれる人って
 
 今までいなかったぁ~


誰かに自分のことをいろいろ話さなくてもわかってもらえるって
やっぱりうれしいこと

わかってもらいたいといろいろ苦労した人ほど
何も話さずに理解してもらえたらなおさら・・・

私も若いころに親や兄弟、職場の人やまわりの友人などに
いろいろ誤解されることが多かった人間だから

この方の誤解されることの苦しさが理解できる

誰かが自分のことをわかってくれるうれしさ
その嬉しさが伝わってくる嬉しさ

誰かに何も言わなくても自分のことを理解してもらえたら・・・・

私が若い時・・・誰にも理解されず
いつも誤解され非難さることが多かったから

美輪明宏さんの言葉に

『自分は誤解されやすいと思ったら、

 言葉が足りているかどうか反省してみる。

 思いが正確に伝わるように言葉を尽くしてますか?』


ってあるんだけど・・・

若いころの私もそうだけど
何度か自分の思いとは違う誤解を受けてしまうと
なんて言ったらいいのか?
わからなくなる

言葉を尽くすっていうけれど
どんな言葉をかければいいのか?
どんな言葉で伝えれば誤解されないのか?
わからない

理解してもらいたくて言葉を尽くしても誤解される・・・
そんな経験を何度か繰り返すと
もう怖くなって・・・何も言葉がでなくなる

若いころの私と同じような経験を今している人に
若いころの私が知っていれば・・・あんなに悩むことはなかったのに・・・

って、今にしたら思うことを伝えただけ・・・
同じ思いをしたことがあるから伝えられること

同じ思いをしたことがあるからその人の立場にたって
伝えられることがある

効き脳・・・思考タイプの違いを学んでよかったと思うのは
若いころの自分のように苦しんでいる人の役にたてること

自分の持っている知識が人の役に立つってうれしい

スポンサーサイト
[2016/05/11 23:35 ] | 仕事 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<人から信頼をえる方法 | ホーム | リフレッシュのつもりが・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad