思い出深い卒業式
今日はお弁当はなし

というのも

今日は次男の卒業式でした

長男の時は夫婦二人で卒業式に参加できたんだけど
今回は、消防署でなく市役所勤務で忙しい主人は不参加だろうと
思っていたんだけど

偶然・・・市長代理として祝辞を述べる役に
次男の小学校の市長代理役に任命されてしまった主人は
保護者でななく・・・

市長代理として次男の卒業式に参加できることに

20160323.jpg

しかし・・・・

来賓席の一番前に座っている主人にカメラやビデオを渡すわけにもいかず
私一人でビデオとカメラを撮影するしかないと思っていたら

卒業式の会場に行くと

私の母が主人の変わりに
ビデオを撮ろうと来ていてくれていた

母に撮影の仕方を教えてビデオを託して私は保護者席へ

小学校6年間を走馬燈のように思い出しながらの
目頭を押さえて涙をこらえるのが必死の卒業式

最後に保護者代表としてあいさつを頼まれた私は
泣くのをこらえながら必死であいさつを終えた

市長代理として祝辞を代読する主人は昨夜から何度も
練習をしておりましたが

日頃からしゃべる練習をする習慣がない私

『おまえは練習せんでいいんか?』と主人に言われたのですが

私の思考タイプからんも練習してできるようなものでもなく
きっとその場になればどうにかなるだろう???(笑)
と思い、昨夜も練習することなく

今朝もちょっとは考えようかと思ったものの
結局、何も考えずに出かけた(^^;

どうにかなるだろう???

しか私の思考タイプ・・・リスクを考えない思考だとこうなってしまう(--;

結局、主人は練習の成果でしょう
ばっちり祝辞を述べ・・・

私は思考タイプの強み・・・プレゼンテーション能力を発揮して
何も考えていなかったけど
マイクを目の前にすると泣くのをこらえるのが必死ながらも
ちゃんと言葉は出てくるもので・・・(笑)

何とか夫婦ともども
挨拶を無事に終えることができた

先生も保護者の方々も
夫婦して挨拶することに驚いていたけれどね(笑)

父親が祝辞を述べ
母親が謝辞をいうなんて
目立ちたくない次男にとっては苦痛だったかもしれないけど
こんな経験できるものではない

次男だけでなく
私たち夫婦にとっても思い出深い卒業式となった

卒業式を終えると
先生や父兄の方々から
『ご夫婦していい挨拶でした』と言ってもらえ

親が二人して挨拶することを嫌がっていた次男からも
『おとんもおかんも上手に言えていたよ
と・・・褒めてもらえることができた

2016032302.jpg


2016032301.jpg
長男の時とは違い
夫婦二人して挨拶をさせていただくという
思い出深い卒業式となった次男の卒業式

夕飯の時に母が撮影したビデオを見直すと

ちゃんと撮影できるのか心配していたけど
主人や次男はバッチリ撮影できていた

しかし・・・やっぱり私の母親・・・

校長先生や教育委員会の方の祝辞は撮影できているのに
私の謝辞だけは撮影できていない

『もぉ~お母さん・・・信じられん

って・・・私が言うと主人が

『ばか・・・おふくろはお前がちゃんと言えるか心配で
 緊張していて録画を押すのを忘れていたんやらぁ~

撮影できていなかったことを母に報告して主人の解釈を伝えると

さすが・・・政昭さん
政昭さんがいうとおり・・・
由美ちゃんが心配やったんよぉ~


いろんな意味で思い出深い卒業式になりました
スポンサーサイト
[2016/03/23 23:33 ] | 子育て | コメント(0) | トラックバック(0)
<<嫁姑関係を改善させる | ホーム | 禁煙ノイローゼ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad