足りてない30点とできている70点
セミナー資料が作れずに悶々とした日々のこの週末

なんでほとんど出来上がってるのに最後で

?????   

自分でもここまでできて最後までできないのが不思議
ま・・・何か意味があってのことと思いつつも
イライラするわ・・・こんな資料も作れない自分が情けないわ

どうしてなんだろう???って考えた時に

その作っている資料(毎度おなじみのLIXILさまなんだけど)の中でも
私が伝えようとしている

『足りていない30点』と『できている70点』

人の行動の95%は正しい行動である。

しかし私たちは「当たり前だから」とそれを無視してしまう。

わずか5%しかない負の行動に注目してはいけない。


『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』(小倉広、ダイヤモンド社)より

これだった

私は、セミナーの中で他人のできていない30点に焦点が当たっているということは
自分のできていない30点に焦点があたっている証拠

人のできていない30点ではなく『できている70点』に焦点を当てるためにも
まずは自分のできている70点に焦点をあてましょう

なんて・・・・素晴らしいことを言おうとしていたのに

自覚がなかったんだけど・・・

私が実は・・・
自分ができていない30点に焦点を当てている人だった
   

あ~これが資料作成を終えられないわけ???

不思議なんだけど・・・LIXILさまのセミナー資料を作っていると
かならず自分の問題点に気づくことができる

お金をもらいながら学ばせてもらっている私
私にこの仕事の依頼をくれている本部長は
全部わかっていて私に課題を出しているんではないか?と思うほど

いつも絶妙なタイミング

苦しんだ資料作成にもようやく答えを出すことができて
最後の仕上げを作ろうとしていると

親友の明美ちゃんから電話・・・

最近、金・土・日曜日に近くの居酒屋にバイトに行くようになった長男の
バイト先に偶然、行ったらしく

『由美ちゃん、カイト君、よく働いていたわぁ~

 私もそうやけど・・・どうしても自分の子供ッち何もできないって思うやん

 今日、カイト君をみてちゃんと働いているのもみたら・・・自分の子供も

 親が思っている以上にちゃんとできているのかもしれないっち思ったわぁ~

 今日、ちゃんとカイト君を褒めてあげてな

そうかぁ~

やっぱり自分のできていない30点に焦点が当たっていたから
息子の行動も足りていない30点に焦点が当たっていたかも???

毎日、家にいるから家事は積極的にやってくれるし
バイトにも行くし・・・
今日は自分から玄関掃除に掃除機かけ・・・ちゃんとできているのにね

私が自分ができている70点に焦点を当てるためにも
長男のできている70点に焦点を当ててこれから褒めるようにしよう

親友の明美ちゃんからの電話を終えると
長男にそのままを伝えて褒めてあげた

もちろん・・・長男は・・・おもいっきりの笑顔

人がポジティブに気持ちを変える秘訣は・・・

いろいろな人を褒めること

人間の脳って、そんなに頭よくないから
人を怒ったり避難していると自分を非難されていると思って
ドンドンネガティブになっちゃうから

逆に人を褒めてポジティブな言葉を口にし続ければ
自分が言われていると思って脳も喜ぶ


いろいろ学んできていても学んだことを忘れちゃう
気を付けよう

これで明日は最高のセミナー資料が完成する

ポジティブな言葉を自分に言ったから(笑)
スポンサーサイト
[2016/02/28 22:47 ] | 子育て | コメント(0) | トラックバック(0)
<<褒められたら子どもの前で認める | ホーム | 子どものやる気を引き出す>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad