ウマが合わない相手とうまく行く秘訣
今日の主人のお弁当は
20160215.jpg
長男のお弁当作りもなくなって主人のお弁当だけで
楽になった
って・・・手の込んだお弁当を作ろう!と思いつつも

楽になったにも関わらず段々・・・手抜きお弁当になっていく

私も年をとってきて無理ができなくなったということで・・・
許してもらっておりますが・・・・

今から4年前の2012年の2月の主人のお弁当は
IMG_7162.jpg
チラシ寿司と・・・

IMG_7158.jpg
こんな豪華のおかず・・・・

主人も年をとってきたし、あまり贅沢なお弁当食べてたら健康に悪いし・・・
っていうことで許してもらおう(笑)


今日もおいで頂きありがとうございます  
こちらをポチっご協力して頂けるとうれしいです
          
      にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ



一昨年、義理の父が亡くなる前に撮影した家族写真
10472815_766953070017364_3820090201270693119_o (1)
この写真を見てくれていた方から今日

『由美さんて・・・とっても優しいいいお嫁さんなんですね
 普通、自分の親ならわかるけど義理の親にそんなに優しくできないよ

って・・・亡くなった義理の父との家族写真をみて私をすごくいい嫁だと思ったと言われた

しかし・・・これは大きな間違え

私は、とっても気が強くて義理の父であろうと
自分が嫌だと思ったらハッキリ『嫌!!!』というし
義理の父が元気な時にはどれだけ喧嘩して悪態をついたことか

結婚して19年間、一度も同居したこともなく
はじめっからこの義父とはウマが合わない
って思っていたし・・・
絶対に分かり合えることはないと思っていた

たぶん、お義父さんもそう思っていたと思う(--;

こんな気の強い嫁とは一生合わない!!!って (笑)

でも・・・2014年8月31日に突然、末期がんですって言われて

今までのように一人暮らしはさせられないし・・・
今の家を建てる時にいずれお義父さんが住めるようにと部屋も作っていたから
すぐに同居することにしたんだけど・・・

基本、まったく性格も合わなければ・・・
漁師で無駄なことは言わない不愛想な義父・・・
一緒に暮らしたら大変なことはわかっていた

だから、思考タイプ(効き脳)について勉強していたから
まずお義父さんの思考タイプは何だろう?って考えた

すると・・・半年以上記帳していなかった通帳の残高を
千円単位までお義父さんが言い当てたことで
お金の残高がわかっているAタイプシンプルタイプだとわかった

主人も同じタイプだったから
思っていることはあってもなかなか口に出すことがないから
こっちからいろいろ質問していろいろしてほしいことを聞かないといけない

入院してからはとくにお義父さんにいろいろ質問して
『何か不便なことある?』 『してほしいことは?』
私が質問したことに対しては答えてくれるので
それを看護婦さんに伝えたりして・・・

一番驚いたのは『爪が伸びたから爪切りがほしい』と言った時
主人に爪切りを持たせて爪を切ってあげて!と頼んだのに
次の日に私が行くと爪は伸びたまま

主人が切ってあげなかったのかと思い電話して聞くと
『切ってやろうか?って言ったけどいいっち言われた』という

私もきっと断れるだろうと
『爪を切ろうか?』っていうと・・・

『おおお~』と指をだしてきた
人の爪を切ることが苦手で息子たちの爪切りもしたことない私が
人生初の自分以外の爪切りはお義父さんになってしまった

どうして仲が悪かった
ウマが合わなかった私とお義父さんがこんな良好な関係を築くことができるようになったのか???

それは、相手を理解しようとしたから

自分とお義父さんは違うということを理解したうえで
相手を理解して受け入れようとできた時・・・初めて私もお義父さんを理解できたし
お義父さんも私を息子である主人よりも受け入れて甘えてくれた

お義父さんが亡くなる3日前・・・
私は今しかない!って決心してお義父さんに誤った

『ごめんね・・・今までわがままで・・・いい嫁じゃなくてごめんね

『あんのぉ~由美・・・こんなことお前に言うのはおかしいかもしれんけど
 
 今までのようにお前においしい魚をとってきたりはできんけど・・・
 
 でも・・・これから俺が一生お前を大事にしちゃるけん


病院の病室で二人で手を握り合って泣いた

亡くなる前にお義父さんに素直に謝ることができてよかった

思考タイプを学んでいなかったらきっと私はお義父さんを理解することなく
病気のお義父さんに優しくできずに・・・
今までのことも気になりながらも謝ることもできなかったはず

そして・・・亡くなってからもずっと後悔したはず・・・

まったく後悔がないとは言わない
もっと早くに理解しようとしてあげればよかった・・・
もっと早くに誤っていれば・・・

でも・・・学んでいたおかげで生きている間に分かり合えることができた

今でも思う・・・お義父さんは私を大事にするために
あの世できっとがんばってくれていると・・・
言ったことは絶対に守る人(思考タイプ)だから (笑)

主人もいう

『とうちゃんは俺には絶対についてない!
 お前の後ろについちょってお前を守りよんはず

私が生きている間、一生、お義父さんは私のことを大事にしてくれるはず

私と同じようにウマが合わない相手を少しでも理解して
良好な関係を築きたい!と思っている人のためにも
私がこんなに役にたった効き脳を私は広めたい!



12041816_787557724689257_433299071_n.jpg

0312.jpg

スポンサーサイト
[2016/02/15 22:48 ] | 効き脳 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<お義父さんに会えた日 | ホーム | おみくじからのお告げ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad