春の気配
去年の5月に建てた亡き義父のお墓
20150530.jpg
あれからずっと毎月、命日前後には必ず掃除に行ってるので
いつもお墓はピカピカ

今月も掃除はしたもののお花を持っていくのを忘れていたので
夕方、主人と二人で散歩がてらお墓参りに行ってきた

暖かくなってリビングのテラスから見える梅の木の花も咲いてきた
もうすぐ春がやってくる

お墓に行くと必ず義父が生きていた頃のように
『由美~
と、私を呼ぶ姿が鮮明に頭によみがえる

まだ亡くなったとは思えない
ずっと私が会いに行っていないだけのような気がする

私たちはふだん形あるものにしか目をむけていない
形がないもの、目に見えないものって確かに存在していて
私たちに少なからず影響を与えているはず

別に毎月、お墓掃除やお参りをしなきゃいけないわけじゃないけど
目に見えないけどたしかにそこに義父や義母が存在すると思っているから
そこに目を向けたいし、その存在に近づきたいから・・・
掃除やお参りを欠かさない。

目に見えるものにとらわれていないか?
形があるものにとらわれすぎていない?

そんなことを考えながらお墓を後にした

目に見えないものや形がないものにこそ
いろいろな気づきをもらえるのにね・・・







スポンサーサイト
[2016/02/11 23:25 ] | | コメント(0) | トラックバック(0)
<<いい仲間に支えられて・・・ | ホーム | 韓国風海苔巻き>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad