嫌がる子供に大掃除を手伝わせる秘訣
今日の主人と長男のお弁当は
20151222.jpg
昨日は、日曜日の大掃除疲れで
家族みんなで寝坊

次男を呼びにきた隣の子のピンポンで目が覚めた(--;

もちろんお弁当はなし
それでもお弁当はちゃんと食べていった二人の息子たち(笑)
次男は、全力で走って間に合ったらしいが・・・
長男は遅刻・・・(^^;


今日もおいで頂きありがとうございます  
こちらをポチっご協力して頂けるとうれしいです
          
      にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ





この何日間かブログ更新できなくて・・・

日中は押し迫った資料作成・・・
夜は忘年会   

日曜日は恒例行事の大掃除
今年も家族だけでなく我が家のお掃除担当係も参加

お掃除担当係も初めのころは私から
『ここはもっとこうやらんと』と指摘されていたのに(笑)
もう10年も我が家の大掃除を手伝っていると要領もいい

息子たちがお掃除担当係君たちを見習うようになってきて
ちょうど長男が小学校5~6年くらいから手伝うようになったんだけど
次男も6年生になると荷物を運び出したり・・・
床磨きをしたり・・・
結構、役に立つようになってきた

大掃除って私も子供のころそうだったけど
面倒くさくていやなもの

うちの子供たちも小さい頃は大掃除っていうと

『え~って大ブーイングだった(--;

でも・・・小さい頃から当たり前のように手伝わせていると
はじめはできないんだけどね
手伝ってくれない方が楽だと思う時期もあったんだけど(笑)
見ていてちゃんとできないからイライラもするんだけど・・・

あ~助かる 

きれいになったね 

やればできるじゃん


って言い続けていると案外、ちゃんとできるようになる
毎年、文句いうことなく当たり前のように手伝うようにもなる

去年、アドラー心理学で学んだように
やっぱりできないことでなく
できたことに着目してそこをほめてあげると
子供の自尊心が高まって
親の役に立っている・・・家族の役に立っているという気持ちから
率先して手伝ってくれるようになる

そして、手伝いから学んだことが外の世界で役に立つ・・・

この前、長男の高校で大掃除をやったらしいんだけど
教室のドアの桟まできれいに拭いていたら先生から
『さすが須摩くん 桟まできれいに拭くなんて・・・
って褒められたらしいんだけど・・・そこで長男は

『母親に掃除に関しては鍛えられていますから』と言ったらしい(^^;

もちろん我が家の大掃除を終えると桟もテラスも雨戸もピカピカ
2015122002.jpg


勉強はできないけど・・・掃除はできる須摩くん???(笑)

なんでも1つ取り柄があればいいかっ?!

今回の大掃除では去年まではサボるばっかりで役に立たなかった次男も
あと3年もすれば長男のように・・・

って思うんだけど・・・午前中は頑張って手伝っていた次男も
午後からは遊びに行ってしまった(--;

遊びに行くっていう目的のために午前中
真剣に大掃除を手伝ってくれたから
来年もっと頑張ってもらうためにもご褒美をあげておかないとね

来年はもっと手伝ってもらえるように

褒めると褒美をうまく使いこなすことが
嫌がる子供に大掃除を手伝わせる秘訣






スポンサーサイト
[2015/12/22 22:41 ] | 子育て | コメント(0) | トラックバック(0)
<<年末年始のお客様のための片づけ | ホーム | 頑張りすぎない>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad