子育てに正解はない
今日の主人と長男のお弁当は鮭弁当
20150915.jpg
オーソドックスな幕の内弁当になりました(^^;

昨日、一昨日と大騒ぎになっていた猿

今日は目撃情報がなかったらしく
子供たちが被害にあわずに・・・
山へ帰ってくれたのか???ちょっと一安心




今日もおいで頂きありがとうございます  
こちらをポチっご協力して頂けるとうれしいです
          
      にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ




11日に書いたブログを読んで⇒その時のブログはこちら子供が変わるとき
何人かの方からメールをいただいた

ちょうどピンポイントで子育てに悩んでいる人の心に響いたらしく

私、ブログを読んで下さる人にはとってもいい母親のように思われているようなんですが

まったくの誤解です

感情で怒ることもありますし
自分の気分次第でキレるタイミングは違いますし(笑)

でもね・・・私、怒らないことがいい母親だとは思わないから

だって自分がおなかを痛めて産んだ子だから・・・
この子が大切だからちゃんと成長してほしいと思うから・・・

これは!という時にはしっかり怒ります

隆ちゃんや桂子ちゃんからは
「先生・・・厳しいぃ~」って言われるほど
私はしつけについては厳しいと思います

しつけでは厳しくても
勉強や進路なんかには結構寛容かも???

しつけとは礼儀作法を教えることです

外に出て子供が恥をかかないように・・・
物を大切にしたり
片づけ方や掃除の仕方など
めちゃめちゃ厳しくしつけています

しつけは、将来、財産になるから
私も両親や祖父母から厳しくしつけられました(--;

でも・・・素直に聞く子ではなく(笑)
反発ばかりの悪い子でしたけど
今の年になって言われていたことを思い出し
身についてきているように

いつか息子たちも私や主人に言われ続けたことが身につくことがくるはず

勉強ができたからいい子っていうわけではない

すっごく頭が良くて成績も上位で
学生時代は何にも問題なくいい子だった子が
大学卒業してニートになって・・・
今はよく聞く話です

そうかと思えば・・・学生時代は不良と呼ばれ
何度も警察のお世話になった子が
真面目に働いて社長さんになっていたり

子育てしている時にはいろいろ親として悩むことは多いのは当たり前だと私は思う

私の両親もちょっと回りの子と違う娘(私)を育てるときに
どれだけ悩んだことだろうと今、私がやってきたことを振り返ると
親にどれだけ心配かけたんだろう???
心から反省しているけど

両親はというと・・・

「いろいろ心配したけど・・・30歳過ぎたらようやくまともになってくれて
と、普通の子供よりも遅かったけど
まともになったことを喜んでくれている(笑)

子育てって正解ないから
こういう風に育てたらいいよ!って
子供の飼育方法があれば誰も悩まないと思うけど・・・

ちまたにはいろいろな本は出ているものの
その本読んだからその通り育ててればいいってもんじゃない

例えば

東大に合格させる教育法

なんて本を読んで東大に合格できるなら
今頃、みんな東大に合格できている

でも・・・そんなことない

片づけもそうこれを読めば絶対に片づく!って書いていても
片づかない人の方が多いのと同じ

いろんな子育てがあって当然!
いろんな片づけ方もあって当然!

自分に合った子育てや片づけ方を見つけることが一番大事

スポンサーサイト
[2015/09/15 21:34 ] | 子育て | コメント(0) | トラックバック(0)
<<平和教育 | ホーム | 猿は何処へ・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad