FC2ブログ
信じる者は救われる
今日は、みんな休みなのでゆっくり休んで
起きてからご飯を食べて
それから主人が仕事で着るポロシャツがほしい!というので
久しぶりに家族で買い物に出かけた

消防署、勤務だったころはレンジャー服や消防服など制服があるから
仕事着なんて買うこともなかったのに
去年、総務に移動してから
冬スーツは3着、夏のスーツは2着・・・
ワイシャツに至っては・・・10着以上買っている

それに合わせて、時計やベルトや靴や・・・
どれだけ主人の洋服にお金をかけただろうか???

私の父は
「男は外に出る仕事だから財布やベルトなど
 人に見られるものはいいものを身に着けるべき

おぼっちゃま育ちだったせいか・・・
お金もないのにブランドもののいいものしか身に着けない人で
それを母も男の人が外に出るのに
それなりの格好をしていなければ恥をかく
と・・・父の贅沢を認めていたので

なんか必然と私も結婚したときから
スーツをあまり着る機会もないのに
フォーマルな服装をすることも少ないのに
財布やベルトや靴やスーツ、ネクタイまで
いいものを主人には買うようにしていた

見栄かもしれないけど・・・父からの影響で
主人が外に出て恥ずかしい格好をしていたら
自分の管理が行き届いていないと思われる

母がしてきたように・・・主人にはいいものを持たせたかった

貪欲な私と違って主人は常に新しい物をほしがる人でもないし
使えなくなったり、必要になった時にしかほしがらないので
必要な時には金額は関係なく主人に似合うものを買うようにしている

とくに気を付けているのが下着

男の人の下着が安いものだったり
古い物をいつまでも着せていたりすると
運気が下がる
っていうのを結婚してすぐのころに聞いてから・・・

主人の下着はブランド物←私の下着は安い物でもね
ボロボロになる前に買い換える
っていうのを徹底してきた

20年守ってきたおかげか???
今年、主人は異例の大出世をはたして
市役所の課長さんに

たかが下着をいい物にしただけで出世するとは限らないけど
でも・・・信じるものは救わえる
20年出世してもらいたくてやったわけではないけど
なぜか信じてやっていたら主人は出世した

なんでもバカみたいに信用すると主人からは言われるけれど

信じる者は救われる

主人が消防長になって将来、金杯をもらえるようになるまで
いや・・
主人が死ぬまで私はずっと下着や主人の持ち物は
いい物を買って上げ続けるつもり

主人がいてこその私だから(笑)
  ↑
この人しか私の面倒みれないから
スポンサーサイト



[2015/08/01 22:46 ] | | コメント(0) | トラックバック(0)
<<井の中の蛙 | ホーム | ちょっとしたこだわり>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |