男前
今日の主人のお弁当は
20150729.jpg
義父が生きているときには、当たり前のようにお弁当のおかずになっていた
イカやエビも今ではお店で高いお金を払って買って・・・
昔を思い出しながら主人と二人で

「やっぱり美味しいなぁ~」としみじみ味わう

今日のお弁当は主人の大好物ばかり・・・
たぶん義母が生きていた時もイカやエビを焚いていれてくれていたんだろうな
なんて・・・
亡き義父や義母を思いながら作ったお弁当でした(^^)


今日もおいで頂きありがとうございます  
こちらをポチっご協力して頂けるとうれしいです
          
      にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ



ドイツから帰国して長男と話合い
長男の卒業後の進路はアメリカに行く!と決まったと
ちょっと以前、ブログに書いたんだけど・・・その時のブログはこちら

一昨日、長男の三者面談があり・・・そのことを親友の明美ちゃんに
「ゆみちゃん三者面談に行った?
 かいと君の進路・・・アメリカっち言ったん?」と聞かれた

うん!先生は
「本当にいいんですか?大学に行かなくて・・・
 アメリカに行かせても大丈夫ですか?」っち不安そうやったけど・・・

今だったら先生とかも一緒に進路を考えてくれたり・・・
いけるような大学を探してくれたりするかもしれないけど
卒業してアメリカに行って・・・

やっぱり進学しておくべきやったって思っても
もう先生に頼ることはできないんやけど・・・どうする?

先生の前で改めて息子に聞くと・・・

「アメリカに行ってみたい

ま・・・息子の答えはわかっていたんだけど(笑)

この話を明美ちゃんにすると・・・
「私やったら先生に大学行かなくてもいいんですか?
 っち言われたら・・・不安になって・・・やっぱり・・・
 って考え変えると思うわぁ~
 その前にアメリカに行かせるなんてこと考えんけど(笑)」

「本当に由美ちゃんっち男前やなぁ~
 決めたらスパッと悩まないし、ブレないし・・・
 不安になったりしない?」

そりゃ私も人間だから悩むし不安になることはあるけれど
人生に正解なんかないし・・・
息子の人生であって私の人生じゃないし
もし・・・アメリカに行っても何にもみつけることができなくて
ってなったとしてもそれはその時また考えればいいだけで
何かをみつけるとか見つけないとかではなく

長男が自分でしたいことを「アメリカに行きたい!」と
決めたことを私は尊重するだけ

ただ進学校の先生方にはあまり理解してもらえることじゃないから
担任の先生はもちろん・・・学年主任からも

「お母さん、本当にそれでいいんですか?」って念押しして聞かれたけどね(笑)

ま・・・失敗したら失敗したとき
私だって若い時には何度も失敗して挫折して悩んで苦しんで・・・

だから今があるんだし

若いからこそできることってあると思うし

もちろん年をとっていても自分次第ではなんでもできると私は思っている
だからドイツにも行ったんだし(^^)

なんて今朝、電話ではなしていると

明美ちゃんからすると・・・
私は普通の人じゃ考えない考え方をするらしいけど・・・
(主人からも昨夜同じことを言われたけど・・・笑)

私は何が正解とか何が正しいのではなく
楽しいか楽しくないか?
わくわくするか?しないかだけで判断している

アメリカに長男が行けば
私も長男に会いにアメリカに行けるかもしれないし
そんなこと考えたら不安よりもワクワクしちゃう

よく『男前』と男性からも言われるけれど・・・
『男前』ではなくあまり深く考えていないだけかもしれない(笑)

だって・・・仕事のこととかいっぱい頭使うことがあるのに
息子の将来のことまで私が考えていられないもん

スポンサーサイト
[2015/07/29 17:09 ] | 子育て | コメント(0) | トラックバック(0)
<<初盆の準備 | ホーム | 視野を広げる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad