価値観の違い
今日からテストなので当分、長男のお弁当はなし!
ということで主人だけのお弁当
20150707.jpg

毎朝のことなんだけど・・・
主人は午前6時に目覚ましをセットしている
でも・・・6時には起きない

10分おきに目覚ましが鳴り・・・
目覚ましを消してはまた寝て・・・
それを2、3度繰り返してようやく午前6時半に起きる

私は午前6時半に起きる時間に目覚ましをセットしている

結局、私と同じように6時半に起きるなら・・・
わざわざ6時から目覚まし鳴らす必要ないじゃんか

主人の目覚ましのベルで
まだ寝ていたい私まで目が覚めてしまう

私にとってはめちゃめちゃ迷惑なんだけど

いくら言っても主人は目覚ましの時間を変えることはない




今日もおいで頂きありがとうございます  
こちらをポチっご協力して頂けるとうれしいです
          
      にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ




実はこの目覚ましの時間設定も効き脳の違いだったりする

時間ギリギリにしか行動しないタイプの私
午前6時半に起きればお弁当と朝ごはんを作れると
その時間にしか起きない

一方・・・

主人は時間ギリギリしか起きないんだけど
余裕をもって目覚ましを鳴らして
起きる準備をしているらしい

私のようにギリギリまで鳴らさずに起きるのではなく
前もって鳴らしながら『もう少し』という眠りを楽しんでいるらしい
    ↑
私にはまったく理解ができない行動

でも・・・効き脳が違うんだから
行動も違って当然っていうことがわかっているから

めちゃめちゃ腹はたつんだけど
この行動の違いをやめさせることはできないことはわかっている

主人の起きる時間の普通は
30分前から目覚ましを鳴らして段階的に起きること

私の起きる時間の普通は
時間ギリギリまで寝て時間になったら目覚ましを鳴らして起きること

自分が思っている普通と違うと人は怒りや不満という感情を持つ

実際に今朝も私が起きる時間ではないのに
いつものように主人の目覚ましが6時になり
私の目が覚めてしまい
結局、15分早く起きるはめになった私

効き脳を学んでいなければ毎朝、目覚まし時計の設定時間で
喧嘩になっていたと思う(笑)

相手の行動が理解できないことが価値観の違い

自分のやっていることが正しいと誰でも思ってしまう
それと違うことを行動をとる人を自分とは合わない
価値観が違うと判断するんだけど・・・

離婚原因の第一位が性格の不一致(価値観の違い)という統計がある
たぶん効き脳を理解できるようになると
価値観の違いで離婚する人も減るかもしれないのに・・・



夫婦の違いや子育てにも役立つセミナーはこちら
  ↓
=今後のセミナー予定=


★長野
・効き脳活用セミナー(初級)
平成27年7月16日(木) 10:00〜16:30 長野県茅野市

・効き脳活用セミナー(中級)
平成27年7月17日(金) 10:00〜16:30 長野県茅野市

★仙台
・効き脳活用セミナー(初級)
平成27年7月19日(日) 10:00〜16:30 せんだいメディアテーク7F

・効き脳活用セミナー(中級)
平成27年7月20日(月) 10:00〜16:30 せんだいメディアテーク2F


詳細&お申込み⇒効き脳活用セミナー



スポンサーサイト
[2015/07/07 23:25 ] | 効き脳 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<これからの季節 | ホーム | 必要な時にしか学べない>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad