基本ができている
今日の主人と長男のお弁当は
20150617.jpg
日本人のお弁当といえば・・・日の丸弁当

ドイツから戻ってきて
佃煮におにぎりにお味噌汁
美味しいぃ~

納豆に漬物に煮物・・・
日本人でよかったと食べ物に感謝できる日々・・・

でも・・・これがずっと続くと当たり前になってしまうんだよね



今日もおいで頂きありがとうございます  
こちらをポチっご協力して頂けるとうれしいです
          
      にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ




整理収納アドバイザーの2級認定講座で必ず話す

【5つの鉄則】
鉄則1・・・適正量

鉄則2 ・・・行動導線

鉄則3 ・・・使用頻度

鉄則4・・・グルーピング

鉄則5・・・定位置管理

私も2級認定講師をしていた時は必ず話していたこと

ドイツのご婦人のお宅を拝見させてもらって気づいたことは
この5つの鉄則が守られているということ

昨日ブログに掲載した寝室のクローゼット
IMG_2945.jpg
鉄則1 適正量が守られているクローゼット
ここで着替えを済ませると・・・

その部屋にある鏡台に行くとまず香水をつけて
IMG_2961.jpg
スカーフを選んでマネキュアを塗って・・・

その先には
IMG_2955.jpg
サングラスに時計にアクセサリー

すべて鉄則2 行動動線にそって配置している

そして、寝室の隣の部屋にいくとそこには
コートやジャケット、靴やハイヒール、ベルトなどを置いてある
IMG_2965.jpg
上段にはお出かけ用のハイヒール
下段には普段用のスニーカーなど

鉄則3 使用頻度でちゃんと使用頻度によって分けている

写真を見て頂いてもわかるように
鉄則4  グルーピングも 鉄則5 定位置管理もできている

でも・・・

日本で私たちがやっているように
収納本にでてくるように靴やスカーフをきれいに収納しているわけではない

ざっくりだけどちゃんといつでもすぐに使えるように収納している

収納技術という点でいえば
どんな風に収納するときれいに見えるのか?
という点では日本の方が進んでいると思った
本屋に行けばいろいろな先生方が収納本というモノを出していて

こんな風に収納すればカトラリーグッズもきれいに収納できますよ
なんてやっているけど・・・

ドイツの方はきれいに収納するのではなく
使いやすく収納している

洋服も靴もスカーフもアクセサリーも・・・
使うためにあるのだから【きれい】に収納するよりも
使うために収納することの方が実用的

ドイツに行って気づいたこと

日本の片づけって基本よりも収納の裏ワザや収納グッズに頼ったり
きれいばかりを優先していないだろうか?

基本ができていてこそきれいにつながるはず
自分が何を大切にしたいのか?
自分が何にこだわりたいのか?
自分の重視するべき片づけとは?

家庭訪問があるから片づけなきゃ・・・
人がやってくるから片づけなきゃ・・・

人の目を気にした片づけではなく
自分を中心において
収納本をお手本にするのではなく、無理をせず
自分を知って自分に合った片づけをすることが大切だとつくづく実感

海外に行って帰ってくると日本食の良さがわかるように
普段、仕事や家事に追われていると
日本の良さが当たり前になって気づかないようになっている

こんなに収納本や片づけグッズがあるのに
片づかないで困っている人が多いっていうのは
まず基本を自分に当てはめて考えないで
すぐに収納本のような家にしたい!って思う人が多いからかもしれない


=今後のセミナー予定=

★大分 
・効き脳活用セミナー(初級)
平成27年7月11日(土) 10:00〜16:30 須摩自宅

・効き脳活用セミナー(中級)
平成27年7月12日(日) 10:00〜16:30 須摩自宅


★長野
・効き脳活用セミナー(初級)
平成27年7月16日(木) 10:00〜16:30 長野県茅野市

・効き脳活用セミナー(中級)
平成27年7月17日(金) 10:00〜16:30 長野県茅野市

★仙台
・効き脳活用セミナー(初級)
平成27年7月19日(日) 10:00〜16:30 せんだいメディアテーク7F

・効き脳活用セミナー(中級)
平成27年7月20日(月) 10:00〜16:30 せんだいメディアテーク2F


詳細&お申込み⇒効き脳活用セミナー
スポンサーサイト
[2015/06/17 22:14 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<同じように育てても違う理由 | ホーム | こだわりがゆとりに変わる>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad