こだわりがゆとりに変わる
今日の主人と長男のお弁当は
20150616.jpg
おかずを作るのが面倒だったので
オニギラズで済ませたお弁当(^^;

ドイツ人の家が本当にきれいなのか?
それを自分の目で確かめたくて行ったドイツで
不思議なご縁を頂いて伺うことができたドイツのご婦人のお宅
2016051207.jpg

突然、日本人が『ドイツ人の家を見せてほしい』とやってきただけでも
変なのに・・・
ズカズカと上がってきた上に『写真を撮ってもいい?』とか
『クローゼットの中を見てもいい?』とか図々しいにもほどがあるお願いをしたのに
  ↑
これ・・・たぶん私じゃないとできない(笑)

すべて『いいわよぉ~』と笑顔でOKしてくれた

そして、この寝室にある
IMG_2943.jpg

見せてもらったクローゼットがこれ
IMG_2945.jpg
洋服の少なさに驚き

しかもハンガーも揃えていて

では・・・そこの引出しも開けてみていい?

もちろん笑顔でOK!
IMG_2950.jpg
まるでショップ

そうでなければ開けて写真まで撮っていいとは言わないだろうけど・・・

寝室に飾られている絵は彼女が書いた絵で
リビングにある
2016051208.jpg

この家具は
IMG_2974.jpg
フランス制のアンティークでとか鏡はベネチアン硝子とか

庭のテラスのテーブルも
2016051203.jpg

このテーブルの他に気分を変えたい時のために
2016051205.jpg
横に別にピンクのテーブルもあり

しかも・・・リビングにも2階にもそれぞれティーセットがあるにも関わらず
庭には庭用のトレーとティーセットが別にある
IMG_2991.jpg

それぞれの家具や持物にこだわりがある
こだわっているからこそ・・・

そこにふさわしくない物や自分にふさわしくないものは持ちたくなくなるのかも???
とにかくドイツ人の方ってたくさん持たない

高い物=良い物という感覚ではなく
高い物だけではなく、安い物もあるんだけど・・・
自分が使うものが必要な物という意識が強いみたいで
必要以上に物を持たないからすっきり綺麗

こだわりが強いから物が増えないのかもしれない

こだわりが生活の中のゆとりに変わっているのかもしれない

ドイツ人の家がみんなこんなに綺麗とは限らないと
このご婦人を紹介していただいた方にも言われたけど
ほとんどの家が庭もきれいだし
出窓もこんな風におしゃれに飾っていたりする
2015061209.jpg
生活を楽しんでいる

日本人って生活を楽しむっていうよりも
生活に追われているのかもしれない

だから、ストレス発散にモノを買って・・・
家の中に物が増えて・・・片づかない

私が気づいたドイツ人と日本人の片づけの違いは
また明日書くことにします
スポンサーサイト
[2015/06/16 23:39 ] | お片づけ | コメント(2) | トラックバック(0)
<<基本ができている | ホーム | 新生活>>
コメント
ほほー、テキストに書いてあることは本当だったのね。
使うものが必要なもの、モノが多すぎる日本の家庭には当たり前だけど、なかなか実践できないことだよね。
ドイツの家庭、お手本にしたいですね。
[2015/06/17 00:43]| URL | つき #AVG1Z3ZA [ 編集 ]
あれれ???
コメント返信していたはずができていなかった(涙)
ごめんね・・・なんか最近、コメントがうまく入らないことが多い(ーー;

テキストに書いてあることは本当だったことを自分の目で確かめることができて満足です!
というよりも自分の目で確かめないと嫌だという私の思考が怖いかも(笑)

でもね・・・ドイツに行ってから
ますます片づけについていろいろ考えるようになってきたわ
[2015/06/22 12:12]| URL | すまちゃん #dWWZiGlY [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad