『無』から始まる
般若心経を写経するようになってから
般若心経に何度も登場する『無』が大好きになった

この『無』とは
この世で私たちが認識しているようなものは一切無いという意味です。

人は何も持って生まれてこない
身一つでうまれ・・・身一つで死んでいく

義父もたくさんのモノを持っていた
そして、何も持たずに亡くなり、あの世に旅だった

先日のブログに書いた象の置物など
氣になっていた物は全部、私にたくしてくれた

それは、昔のアルバム、象の置物
私にこれからも残しておいてほしいものだけ残してくれた

だから義父が亡くなってから自宅だった家を片づける時に
テレビや私が火事防止のためにつけていたIHなど・・・
使える家電や食器や洋服など
いっさいわが家はもらうことをしなかった

お義姉さんたちでわけてもらった



たくさんの方々においで
頂き感謝しております  
こちらをポチっご協力して頂けるとうれしいです
      にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




昔、結婚した当時・・・写経をする前の私なら
金目の物は頂ける物は何でも頂きます

とばかりにたぶん、テレビもIHも自分の家にもあるものも
きっと『まだ使える』『いつか使うかも』と争うようにもらったと思う

でも、人間は『無』から始まり・・・『無』で終わるということを知ってから
この世で私たちが認識しているようなものは一切無い
という『無』の意味を知ってしまうと・・・

さほど欲しいものは何もなくなってくる

『無』とはあるようで無い 無いようであるモノ
今、私が使っているパソコンもこれがなければ仕事もできないくらいに大切なものだけど
でも・・・私自身がこの世を去ってしまえば
あの世に持っていくこともできないし・・・
他の誰かが使ったとしても私のようにお金を生む仕事の必需品として使うことはできない

この世で持っていたり、使っているモノも
すべて自分の命があってこそ
命が亡くなってしまえば『無』ないのと同じ

生きているから欲や執着でモノをドンドン増やしてしまう私達
自分の命が無くなればその執着も欲も無くなることに気づけば
いらない欲を捨てて必要なモノに気づけるようになるのでは???

毎朝、仏壇に般若心経を唱えながら
『無』に近づきたいと思いつつも
まだまだ執着や欲ばかりの私

生きているとどうしても自分が出てしまう『我』が出てしまうから
あれがあれば便利だとか
あれがないと大変だとか
あれがないと生きていけないとか
本当は無くても生きていけるだろうけどそこに執着してしまう

家の中に何も無くなったとしたら・・・

何を置いておきたいか?
何を使ってくらしたいか?

そこから始まる
『無』から考える片づけってあるのかもしれない

今、ある状態から減らすことは難しいけど
無くなった状態から考えてみることも時には必要かもしれない

と・・・今日、1時間かけてトイレを磨きあげていて感じたこと



自分の取扱説明書を知ることができる
思考特性にご興味がある方は
お試しセミナーが北九州で5月9日(土)に開催されます
詳細&お申込みは⇒自分を知り強みを活かす 『効き脳』セミナー

自分の思考特性を知りたい方は
北九州で初級・中級セミナーが開催されます
詳細はこちらから⇒効き脳活用セミナー

去年よりもさらにバージョンアップさせてさらにわかりやすく楽しいセミナーになってます
  
スポンサーサイト
[2015/05/04 22:22 ] | お片づけ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<太陽光パネルのお手入れ | ホーム | 新婚さん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad