何もしない時間
今日の主人と長男のお弁当
20150304.jpg

一昨日、セミナー資料を作っていて
人間には

何もしないでぼーっとしている時間が必要

って・・・記事をみて

何もしないでぼーっとしているつもりでも
セミナー資料のことや片づけの現場の収納イメージを考えていたり
本当に何もしないでぼーっとしているってないかも???

草むしりをしていても資料のことを考えて
料理を作りながら片づけの現場のことを考えて・・・

私・・・実は・・・何もしない時間って意識して作っていないかも???

私って・・・自分ではあまり自覚していたようでしていなかったんだけど
仕事が好きなのか?
仕事をしないといけないという強迫観念にも似たような感情が根底にあるのか?

仕事100%でも日常生活を生きていたようだ




今日もおいで頂きありがとうございます  
こちらをポチっご協力して頂けるとうれしいです
          
      にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ




『Scientific American』誌の記事に掲載された

「何もしないこと」に関する最新の研究によると

「メンタルに関わる多くの重要なプロセスにおいては、

私たちがダウンタイム(休息時間)と呼ぶ

「仕事の手を止めて休む時間」や

1日を通じての他の形式による休養が必要である

休息時間は脳のやる気や注意力を補充し、生産性と創造力を促し、

最高レベルのパフォーマンスを達成したり、

日々の生活における安定した記憶力を作り出したりすることの

両方に必要不可欠である」とまで宣言している

「ライフハッカー[日本版]」より引用



サッカー日本代表キャプテン 長谷部誠選手、スティーブ・ジョブズ
ふたりに共通した習慣、それは「ぼんやりと、何もしない時間を持つこと」

とかく私たちって何もしていないと時間の無駄だと思ってしまうんだけど
実は・・・この何もしないでぼーっとしている時間は

アタマの中が自然と整理された感覚が得られる時間でもある

常に行動していろいろ考えてってやってると
脳が休む暇がない

脳にも休息が必要らしい

常に何かを達成することばかりではなく

何もしない、というのは「何もしない」以上の価値がある


らしい

ということで今日は、由布院へ気晴らしドライブ

脳に休みを与えたからなんとなくすっきり

何もできない
ぼーっとしてまた一日を過ごしたっていう人たちへ

脳に休息を与えていると思えば罪悪感がなくなって
おもいっきり脳を休ませたら行動できるようになるから

ぼーっとしている自分を責めないで

それも必要だと開き直って、ぼーっとすることで
明日の活力に変わるんだから
スポンサーサイト
[2015/03/04 23:16 ] | 仕事 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<真剣に聞いてしまいました | ホーム | 錯視>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad