人生が変わるお片づけ
今日の主人と長男のお弁当
20150128.jpg

先月、年末バタバタでお片づけした現場
本当は、年末で本当は断りたいんだけど
でも・・・現場を見てしまうと・・・

片づけたい

もう何年も紅白をゆっくり見たことがないお客様に
ゆっくり紅白を見る時間を作ってあげたい

ただそれだけ・・・
今まで大変な思いをしていたお客様に
紅白を見る余裕を作ってあげたい

たかが片づけなんだけど・・・
片づけたら紅白を見る余裕だってできる

っていう思いから年末の27、28日で片づけさせて頂いたお客様から
1ヶ月後の感想が届いた



たくさんの方々においで
頂き感謝しております  
こちらをポチっご協力して頂けるとうれしいです
      にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




《以下お客様からのメール》

早いもので、収納お片付けを依頼して一か月が経ちました。

家族は「一か月もたないよ」「また元にもどるよ」な~んて勝手な事を

言っておりました。

それを聞いて私の心にメリメリと闘志が燃え

「戻ってなるものか」

「またあの状態に戻るのはイヤだ」

それに年末の忙しい中私の為に時間を作って下さった

須摩さんの顔をつぶすことになる。

まず一か月を目指してこの状態をキープできるよう心掛けました。

「使ったら元の場所に戻す」これが今まで出来ていなかった。

「とりあえずここに」「後で片付けよう」この二つの言葉をNGワードにしました。



今は一つ一つに指定席があるのでさっと取り出せてぱっとしまえる。

きれいに整頓されてなんて気持ちのいいこと。

物を探す時間が随分減りました。これには家族も喜んでおります。

片付いた部屋を見て

「きれいね」「気持ちがいいねー」と

主人と朝から微笑んでいます。

結婚30年。

旅行代と思って貯めたお金。忙しくて行けそうにない。

そんな時ふと3年前に須摩さんがテレビ出演されていた録画を再生。

消さないでとっててよかった。この日ばかりは自分を褒めました。



「これだ!」と思い須摩さんにすぐ電話。

運よく福岡に来てあるということで帰りに我が家を見て頂きました。



「今までゆっくり座って紅白を見たことがない」

「紅白が始まってもまだ大掃除している」そんな私の言葉に須摩さんが一言。

「何とかしましょう」「今年は紅白見せます」

この思いがけない優しい言葉に涙が出そうでした。

「あっこの方信じれる」そう思い託しました。



須摩さんと一緒に桂子さん、たかさんにも助けて頂きました。

師走でご自身のお正月の用意もおありなのに大分からご足労かけてしまいました。

初日。

「ここにこれを収納?」「こうゆう使い方があるんだー」

まさに目からウロコ。

帰られた後「あれはどこになおされましたか」と

一回も聞くことがなかったのにはびっくり。



それより、

「あっ収納庫の扉が黄ばんでたのに真っ白になっている。」

「あっ流し台のシンクが、ぴかぴか。」



「桂子さんが一生懸命磨いて下さってたよー」と主人。



廊下のクローゼッは、用途別に区分けされてさっと取り出せてすごく便利。

階段下の物置は年別に区分けされて調べものするのに大助かり。

ここはたかさん。



TVボードの引出。薬が取り出しやすいよう工夫してある。

9段ボックスもラベルをつけて細かく収納できて大助かり。

ここは須摩さん。



さすがプロ!一人一人役割分担が決まっていて迅速でかつ丁寧。



問題は開かずの納戸。

最初、ここは恥ずかしくてお見せするか迷ったのですが

♪「ありのままの姿見せるのよ~」と娘。



ここまでは時間的に無理かなと思っていたら

全部の洋服を取り出し一枚一枚たたんでボックスに収納。

もののみごとに和室、納戸、白木ときれいにして下さり主人は大喜び。

かつ動線まで考えて下さり朝の身支度がスムーズに出来ております。



日を追うごとに、ここもきれいになっている。あっここもーと嬉しい悲鳴。

毎日毎日色んな発見が見えてこれはすごい。

よし一ヶ月後を目安に報告しようと思いました。


二日間で出た不用品というかゴミがなんと40袋。

ベランダ一面を覆ってしまい、よくぞまぁこれだけため込んだものだ。

呆れて、笑えてきました。

きれいになった部屋を見て娘が嬉しい事を言ってくれました。

「須摩さんにお願いしてよかったね。」

「旅行はきれいな部屋に泊まって、おいしいもの食べて二日で終わるとよ。

お片付け収納はこの気持ちよさが、ずーっと続くとよ。」―と。



主人の嬉しそうな顔を見るたび旅行以上の価値になったと思います。


須摩さん、桂子さん、たかさん本当にありがとうございました。

心から感謝致します。



このきれいな状態がいつまでも続くよう頑張ります。



当分は大分の方に足向けて寝れませ~ん。

また困った事があったらお力になって下さい。

お世話になりました。

ありがとうございました。

追伸:

念願の紅白も、見ることができました。

年越しそばも、年内に座ってゆっくり食べることができました。


ありがとうございました。




あの私が出たテレビを録画していてくれたご縁で片づけさせて頂いたお宅

きれいになるごとに家族皆さんで嬉しい反応をしてくださっただけでなく
1ヶ月後の感想まで夜なべして書いて送ってくれました

メールにはきれいにキープされているキッチンとリビングの写真も添付されて

ありがたい

一つ一つの現場は本当にどこも大変で
本当に片づけられるんだろうか?って不安になるんだけど
ただただお客様の喜ぶ顔を思い浮かべなら
みんなで頑張って

1ヶ月後にこんな素敵なプレゼントを頂けるなら
これからももっともっと頑張らないと

隆ちゃんや桂子ちゃんとこれからも楽しく笑いながら
一人でも多くのお客様に人生を変えるお片づけを届けよう
スポンサーサイト
[2015/01/28 22:58 ] | 収納代行実例 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<仲間 | ホーム | 子供の成長と収納の見直し>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad