未来の扉は開かれる
今日の長男のお弁当は
20140925.png
ついでの義父のお弁当ももちろん・・・
2014092501.png
長男と同じおかず

義父が元々一人で住んでいたのは
自宅から車で10~15分のところ
我が家に住みだしてから
『長洲(義父の地元)に連れて行こうか?』
ずっとこっちにいても友達もいなくて暇だろうから
遊びに日中は連れて行こうとすると・・・

『行かん

あれだけ私たちと住もうと言っても友達や兄弟がいる長洲が好きで
一緒に住もうとしなかったのに????

つい最近、わかったのですが

『長洲に連れて行こうか?』=『一人でまた住んだら?』
と言われていると義父は勘違いしていたらしい(笑)

主人と義姉が誤解していることをちゃんと説明して
誤解が溶けると・・・突然・・・

『長洲に遊びに行く

義父にはいつも笑わせてもらってます

それから義父が今まで住んでいた家のことは


『別荘』と呼ぶようになりました(笑)

今日も午前中、私が作ったお弁当をもって
別荘へと主人につれて行ってもらい
今まで行っていた塩風呂や友達にあって
家にいるよりも元気になって帰ってきた義父でした



たくさんの方々においで
頂き感謝しております  
こちらをポチっご協力して頂けるとうれしいです
      にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




昨日、主人の消防署の秋の人事異動が発表された
今回は、4月に異動して小隊長になったばかりだったから
『俺は関係ないけどな
と、笑って出勤した主人でしたが

夕方、電話で『ショックなことがおきてしまった

消防署に勤務して30年・・・ずっと現場ばかりだった主人が
日勤という事務方に異動になったらしい

現場が好きな主人は事務方になったことで落ち込んで・・・
私は、事務方になると手当が少なくなることを落ち込んで・・・

でも・・・よくよく考えると・・・

義父と同居するようになってすぐに
朝、出勤して・・・
夜、帰ってこられるようになる

これから義父の介護生活を考えれば
消防署はまったく義父のことは知らないのに
ベストなタイミングでの異動

毎日、お義父さんと一緒に家族でご飯が食べられるようになる

そんなことを違う用事で電話がかかってきたデラさまに報告すると・・・

すまちゃん、言ったじゃない?
この整理収納の仕事していると
モノを活かすと自然と
人も活かすことができて
なぜか未来の扉が開けてくるのよ


義父と同居するようになってからの私の心配ごとは
私も仕事でいないし
主人も仕事でいない時にどうするか?

義姉もいるけど家庭があるし・・・
私の実家は近いけど・・・
実家の両親も手伝ってくれると言ってくれているが
そっちに頼むことを主人も義姉も遠慮して・・・

そもそも義父の具合が悪くなった時に
子供の具合が悪くなった時でも
『パパ~どうしたらいい?』って聞くような私で大丈夫なのか?

いろいろなことを心配していたんだけど・・・

10月からは主人が毎日、家にいてくれるようになる

デラ様がいうようにこの仕事をしていると
自然と・・・
未来の扉が開かれる

いろいろ心配しなくても自然と未来の扉は開かれるのね

片づけの神様に感謝
スポンサーサイト
[2014/09/25 23:06 ] | お片づけ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<3年の月日 | ホーム | 思考特性別お片づけ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad