性格と個性の違い
今日は主人が出張のために
午前中は疲れを取ろうと寝て過ごしていたら

午後から電話ばかり

東京から急に大分に来ることになったり(笑)
やっぱりゆっくりはできないようになっているんだわって
思いながら空港に迎えに行って由布院千家にお連れして

終わったのが、夜の8時

遅くなったから東京には帰ることができなし
我が家に泊めよう???かと主人に電話すると

ずっと危篤だった叔父が亡くなったと報告を受けて
お客様を別府の旅館にお連れして
私は急いで叔父宅へ

やっとお盆が終わったばかりだけど
やっぱり私はゆっくりできないようになっているみたい

亡くなった叔父は、いつも私に会うと・・・手招きして
『お前はおれに似てる
っと言っていた

私の父は、すごくまじめで実直な人
叔父はというと豪快で遊びも仕事も楽しむタイプ

父も叔父のことも知っている人からも
父の子というよりも叔父の子と間違われるほど
まわりからも私自身も父よりは叔父に似ていると思っていた

昔は、性格が似ているだろうと思っていたんだけど・・・

効き脳(思考タイプ)を学ぶようになって
性格ではなく思考が叔父と一緒だったことに気づいた

思考タイプって性格というよりも
個性という方がぴったりくる!

性格とは
個が生まれながらに持ち合わせた性質

個性とは
その人の行動のしかた、考え方、ものの見方などの態度や行動だけでなく、
知性、容姿、雰囲気、能力、感受性、声、好み、服装、部屋の環境など、
多様な特性の統合されたその人全体の性質


性格はなかなか変えることができないというのは
生まれながら持ち合わせた性質だから

しかし・・・

個性は自分が作りだすものだから
個性を『伸ばす』とか『育む』という言葉を使うように
いくらでも変えることができる

同じように思考も自分が変えようと思えば変えることができる
思考タイプも自分で作りだすもの

実際に私の診断を受けたり
セミナーを受講したことで
自分の思考タイプに気づいて
思考が変化してきている人は多い

私の思考も二重優勢から三重優勢に変化している

無理に個性や思考を変えることが重大ではなく
まずは自分の思考の癖(思考タイプ)に気づくこと

なんとなくではなく
自分の思考に気づけば
必要であれば変わるし
必要でなければ変わらない

思考は個性・・・
いくらでも変えることができるし
自分で作ることができる
もっと自分のことを自分の人生で活かしたいと思うなら
自分の個性・・・思考を知ることが大事だと私は思う
スポンサーサイト
[2016/08/17 23:55 ] | 効き脳 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad