FC2ブログ
受講生の成果
今日は、息子の弁当を作らなければならなかったのですが・・・
私は、あまりの寒さに起きれず
息子二人で私が作り置きしているふりかけなどを食べて
学校へと行くことになりました

私・・・えらく完璧に母も妻もこなしているように思われがちですが
できない時にはできない
そんな母に育てられている息子たちは
私が起きれない時には・・・
私が作り置きしているモノを二人で食べて
学校に行ってくれます

今朝も無理そうだったので
次男を起こして
次男が長男を起こして・・・
二人で冷蔵庫の中にあるもので朝ごはんを食べて
学校に行っておりました

たまにはね・・・そういうこともしないと・・・
母が絶対に何でもしてくれるって思ってしまうと
いずれ結婚したら奥さんが何でもしてくれるっておもってしまうでしょ?

将来のお嫁さんのために私は鬼母をやっているんです

なんてね・・・(笑)

ところで昨日のブログで書いた中津市の市民講座の優等生の
受講生の中のお一人の方がセミナー終了後に

『先生・・・よかったら読んでください』と
セミナーを受講して片づけをしたことを
新聞に投稿して掲載された記事をコピーした紙を渡してくれた




たくさんの方々においで
頂き感謝しております  
こちらをポチっご協力して頂けるとうれしいです
      にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




<以下、投稿した受講生の方の文章>

最近、『断捨離』という言葉をよく耳にするが

物を捨てられない私には耳が痛い。

たぶん着ないだろう洋服、買い物の際にもらう紙袋

古くなった食器類・・・・・。

主人と二人の生活なのに、不要なものが多すぎると

娘からも言われる。

そんな私が昨年、整理収納アドバイザーの講座に申し込んだ。

当日は女性を中心に約30人が参加。

『捨てるのはもったいない』『いつか使うだろうとおもってしまう』

など共通の悩み出話が弾み、楽しい時間だった。

講座が終わった頃には、

私の中で片づけたいモードにスイッチが入った。

早速、捨てても後悔しない袋類から実行し始めた。

この気持ちがいつまで続くのかわからないけど

目標は『捨』から『拾』にならないよう、

今年は身の回りをスッキリさせたいと思っている。


素晴らしい
この方が初めて受講したセミナーは
私のオリジナルセミナーである
片づけが引き寄せるHappyな暮らしという・・・
片づけの仕方など何も伝えることがないのに
なぜか聞いた人が片づけだす不思議なセミナー

実は、昨年シアトルのセミナーでもこれを開催して
片づけの某有名講師の方が一年前にシアトルで
開催したセミナーを受講した方からも
『須摩さんのセミナーの方がずっとずっとやる気になりました
って言われちゃったんだけどね

去年は、企業からの依頼で大忙しだったけど・・・
今年は自宅セミナーや自主開催セミナーを増やそうかな???

少しでも片づけが苦手で悩んでいる方の
心をいやすことができる私にしかできない
片づけがやる気になるセミナーを開催したい

去年は、企業依頼でいっぱいいっぱいだったんだけど・・・
やっぱり一人一人のお客さまを大切にすることが大事だと
この優等生のお一人が新聞に掲載された記事を読んで
気づかされた気がします

少し暖かくなったら自宅セミナーも開催し始めよう
スポンサーサイト



[2014/01/10 21:57 ] | 講座報告 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |