FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
最短調理法 きゅうちゃん漬けレシピ
今日の主人のお弁当
IMG_0285.jpg
IMG_0287.jpg
今日のメニューは
★ソーセージ
★ソーメンウリのゴマダレ和え
★サツマイモの芋の茎とベーコンのオイスターソース炒め
★こんにゃくめんたい炒め
★さばの竜田揚げ
★鱧ダンゴ煮
★チラシ寿司
でした

そして・・・・
私が今日、楽をさせてもらうために子どもたちの弁当も作成
IMG_0292.jpg
今日は、資料作成も終わったので、主人も仕事だしダラダラしてしまった一日
たまにはいいよねぇ・・・・

私、整理収納アドバイザーになってから、とにかく何でも時間短縮できないか?
家事なんてとくにダラダラしてしまうと、時間がかかるばっかりで
料理を作ることすらイヤになってしまう

だから、時間がかかる作業工程を短縮することを考えることで楽にできるのではないか?
ということを考えるようにしている

もともとズウソウ(=面倒くさがり)な私にとっては、必然の考え方でもあるけどね

普段の料理も圧力鍋を使って時間短縮したり
電気鍋を使うことでイチゴジャムやケチャップを簡単に作ったり・・・・
そういう工夫で 時間の節約をすることで
家事のストレスの減少をしているだけ
あははははっ

今日、ご紹介するレシピはとにかく最低でも4日~6日作成が時間がかかると
料理ですが・・・・

それをどうにか時間を短縮して作ることができないか?と私が工夫したレシピ

私のレシピだと、2日で完成します
お試し下さいませ

=キュウちゃん漬けレシピ=

材料 きゅうり 2kg
    しょうが 1片
    鷹のつめ 1~2本
    昆布・するめ スライスしたもの少々

調味料 酒 100cc
     しゅうゆ 100cc
     薄口しょうゆ 50cc
     みりん  25cc
     黒砂糖  25g
     酢   50cc

1日目
1.大鍋にお湯を沸騰させて火を止めてから、ヘタを切ったきゅうりを入れてお湯が冷めるまでおく
IMG_0248.jpg
ここでポイント!

この1の作業を朝する
この1の作業は3回繰り返すので 昼間や夕方すると、この工程だけで3日間かかる
朝、きゅうりを鍋の中に入れると、夕方には冷めているので
2回目をその夜して
3回目は次の日
の朝

この工程だけで2日間時間短縮できます

2日目
2.2日目の朝、鍋のお湯を沸騰させてきゅうりを3回目入れて冷めるまでまつ
昼過ぎにはお湯が冷めるので
3~4cm幅に切る
IMG_0250.jpg

3.漬け物器に入れて水気を絞るとパリパリのきゅうちゃん漬けができる
IMG_0255.jpg
ポイント2
写真のように水が出たたびに水を捨てると早く水気が切れる

4.3のきゅうりの水気を切る作業を半日くらいかけておこなう
IMG_0261.jpg
このような状態になったら、パリパリのキュウリの出来上がり

5.調味料を鍋の中に入れ、しょうが、昆布、鷹のつめ、するめを入れて
調味料を一煮立ちさせる
IMG_0257.jpg

6.鍋の調味料が沸騰したら、火を止めてキュウリを入れてラップを貼って
味をしみ込ませる
IMG_0262.jpg

7.再度、調味料の中に入れたキュウリが冷めたら、キュウリを鍋からすくい出し、
鍋の中の調味料を沸騰させて火を止めてキュウリを入れて 6を繰り返したら完成

作業工程短縮ポイント
★水気を切るのは、手でなく『漬け物器』を使う
★2の工程を朝することで、3~7までを2日目で終えることができる

最短レシピ『きゅうちゃん漬け』の完成
IMG_0284.jpg

少々手間は、かかりますが・・・・
手作りのキュウちゃん漬けだと、防腐剤も入ってなくて安全で美味しいです
キュウリがたくさんできて安い、この時期に作って保存しておくのもいいですよ
冷蔵庫の中で1ヶ月は保存できます

にほんブログ村 料理ブログへ


ブログランキングに登録しておりますが・・・
なかなかランキングが上がりません
こちらをポチっとして・・・
ご協力くださいませぇ~








[2009/08/01 23:30 ] | レシピ | コメント(2) | トラックバック(0)
<<前のページ | ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。