今年やり残したことはない?
今日の主人のお弁当は
20121206.jpg
昨日の長男のお弁当がちょっとだけバージョンアップしただけ

息子よりもやっぱり稼いでくれる主人の方が大事だからね




今日もおいで頂きありがとうございます  
こちらをポチっご協力して頂けるとうれしいです
          
      にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ




早いものでもう12月もすぎた
もうすぐ2012年も終わるんだわ

今年は、東京にも3回行って・・・
四国にも3回行って・・・
九州も宮崎、熊本、鹿児島、福岡はもう何度通ったんだろう?
そして・・・セドナへも行った

PB120964.jpg
念願のインディアンのホピ族にも会えて
4大ボルテックス制覇して
PB130143.jpg
田中さんや一緒に行った仲間のおかげで楽しかった

PB130021.jpg
2012年は、仕事もプライベートも充実した一年だった

念願叶ってセドナまで行けて、もうやり残したことはないだろう
って考えていたら、やっぱりあるんだわ

なかなか行動できずにいることもいっぱいある

昨日、中村勘三郎さんが亡くなったニュースを見ていて
本当に人って、いつどうなるのかわからない
『いつでもできるではなく
『今しかできないだよね

セドナに行くと決めた時、今でなきゃダメだ
という強い意志があったから行くことができたと思う

自分が行動したいことだけでなく・・・
すべての事柄に『今しかできないって気持ちで
2013年は取り組もう

皆様は、2012年やり残したことはありませんか?
2013年やりたいことはありますか?

人生、死ぬまで何でもできるって気持ちで生きていきたいよね
スポンサーサイト
[2012/12/06 22:18 ] | セドナ | コメント(2) | トラックバック(0)
セドナに行っても人生は変わらない
私がセドナのことを知ったのは
資料2

今から4年前・・・ちょうど整理収納アドバイザーの1級を取得して
これを仕事にしたいっと思った時・・・

いろいろなところに行って勉強しているときに知り合った友達から

『セドナってところに行くと人生が変わるらしい

その当時の私はブレブレのどうしたらいいのか?わからない
何にでもすがりたいような・・・信じられないだろうけど
何か始めるたびに自信がなくて

神でもパワーストーンでもなんでもいいから
力を借りて どうにか自分を変えたいと思っていた(笑)
   ↑
今の私からは誰も信じられないだろうけど・・・




毎日、たくさんの方々においで頂き感謝しております  
こちらをポチっご協力して頂けるとうれしいです
      にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ




実際にセドナに行って何か変わったのか?

私は間違いなくたくさんのモノを得ることができたし
自分自身を変えることができた

でも・・・これはセドナに行ったから変わることができたわけではない

セドナに行ったから変われるのではなく

セドナに行って、自分が変わろうとするのか?
                ↑
        これがたぶん一番大事なこと?!

いくら自分が変わりたいとセドナに来たとしても
自分自身が変化しようとする気がなければ意味がない

そこも含めてセドナに行けばどうにかなる?!

そんな簡単に人生を変えることができれば
もっとセドナは人でいっぱいになっているはず

パワースポットが人生を変えてくれるんじゃなくて
自分自身が変わろうとする意識があるかどうか?

これが一番、人生を変える上で一番大事なことなんじゃないかな?

[2012/11/26 22:29 ] | セドナ | コメント(0) | トラックバック(0)
時間を手放す
今日の主人のお弁当は・・・
20121124.jpg
カメラのコードがなぜか行方不明・・・で
写メの映像だからボケボケの写真になってしまった

いったい私のカメラのコードは何処へ・・・・
   
昨日、住機器トップメーカーLIXILの会議室に落とした?

どうせこれからまた行くから探そう(笑)

21日も住機器トップメーカーLIXIL
昨日も住機器トップメーカーLIXIL今日も住機器トップメーカーLIXIL・・・
  ↑
社員のように出社しているじゃんか(笑)



今日もおいで頂きありがとうございます  
こちらをポチっご協力して頂けるとうれしいです
          
      にほんブログ村 料理ブログ ダンナ弁当・パパ弁当へ




セドナに行った時・・・
時計を持っていったんだけど
何故か時間調整ができない時計で←私が使えないだけ?!(笑)

どうしようと思ったんだけど・・・
携帯の時計の時間を合わせることもせず
せっかく旅行に来たのだから時間を手放すことにした私

それで気づいたこと・・・

自分ではそれほど時間にとらわれてないと思っていたのだけれど

日々、今、何時?
いつも時計を見てバタバタしていた自分が見えてきた
時間に振り回されていた

帰国してから前と同じように生活しているんだけど
あまり時計を気にしないようになると・・・

同じように時間は過ぎていくんだけど
以前よりもたくさんのことができるようになっている

今日も主人のお弁当を作って・・・
トイレ掃除して般若心経を唱えて・・・
子どもたちの朝ごはん作って
仕事の準備して

以前ならこれでもう時間、早く家を出発しなきゃ
だったのが・・・ブログを書く暇がある

時間を気にしすぎると時間はなくなる

セドナの大自然で
資料5

時間を気にすることなく、のんびり山を登り・・・
資料1

ボルテックスのパワーをもらったおかげで
資料2

なんかのんびり気楽に生きれるようになった気がする

だって以前ならカメラのコードが見つからなかったら
見つかるまで大騒ぎしていたはずなのに・・・(笑)

帰国してから仕事ばかりしているんだけれど・・・
時間をきにしないようになってから
あまり疲れも感じなくなってきた

時間は同じように過ぎていく・・・
それなら気楽に時間を気にせず
ありのままの時間を楽しむ

人生はなるようにしかならないのだから

セドナに行って一番の成果は・・・
時間を手放せたことかもしれない

では・・・福岡へ出発
いってきまぁ~す
[2012/11/24 09:31 ] | セドナ | コメント(0) | トラックバック(0)
共通点
昨日、ブログをアップしてホテルで仕事して
お友達に頼んでいた山梨マルスワイナリーの巨峰にごりワイン
取りにうかがって・・・・

それから弟と待ち合わせして
待ちに待った甥っ子ちゃんとの初対面
20121122.jpg
   ↑
デレデレの叔母ちゃん丸出しの顔

目を開けてほしいんだけど・・・これが開けてくれないの(涙)
2012112201.jpg
でも・・・男前でしょ?(笑)

『とも君は男前だから・・・大きくなってモテだしたら
 ゆみ姉ちゃん心配だからついて回ろう
って、言ったら・・・

この子・・・口を尖がらさせて眉間にしわをよせたんですわ

聞こえてんのか?

なら目を開けてくれよぉ~
1時間ほど粘ったけど、目は開けてくれずに
渋々帰宅するべく車に戻ると・・・

私が居なくなった途端に目を開けたと義理の妹から後で聞かされた
なんていじわるなんだろう
   ↑
いやいや・・・いじわるでなく
きっと恥ずかしがり屋さんなんだろうな




毎日、たくさんの方々においで頂き感謝しております  
こちらをポチっご協力して頂けるとうれしいです
      にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ





夕方帰宅すると・・・自宅よりもまず実家に行って
今日、両親はご対面できるんだけど、甥っ子ちゃんの写真をみせると
食い入るようにパソコンを見つめる父と母

やっぱ孫はかわいいんだろうな
なんたって初めての内孫で男の子だし

そうそう日本では家を継ぐのは男の子って風習があるけど
インディアンのホピ族は女の子なんですよ

男の子はみんなお嫁さんの家に婿養子に行くんです
その家で女の子が生まれずに男の子だけだと・・・
そのお嫁さんが病気で亡くなったりすると
住んでいる家や畑などは、お嫁さんの兄弟に女の子がいるところのものになる

だから日本では『男の子を産んで!』なんて言われるところを
ホピでは『女の子を産まなければ!』なんてことを言われるらしい

なんとなくそんな継承の伝統があるところも
ホピと日本との共通点でもある

実家でゆっくりしてから自宅にようやく戻り・・・
仕入れてきたワインを主人と飲むことにした
2012112202.jpg
ほんのりピンクの巨峰にごりワイン

いい夫婦の日にぴったりでしょ?(笑)

これ・・・さっき検索したら楽天市場でも購入できるみたいです
値段も安い上にあっさりした甘味のワインなのでお試しください
     ↓
巨峰にごりワイン

さぁ・・・今日も住機器トップメーカーLIXIL
ちなみに明日も・・・
依頼者が全員違うんだけど・・・LIXIL社員みたいに出社しているわ(笑)

では・・・行ってきます
[2012/11/23 07:01 ] | セドナ | コメント(0) | トラックバック(0)
ネイティブ・アメリカン・ホピ族に逢って
セドナへは、成田からサンフランシスコへ到着して
そこから飛行機でアリゾナ州フェニックスへと移動して
車で3時間ほどまた移動するとセドナに到着する

はっきり行って遠い

現地時間の11月8日の夕方にセドナに到着して
次の日には朝、7時にはネイティブアメリカン・ホピ族に逢うために
ホテルを出発して車で移動することに
資料1
こんな何にもない荒野をひたすら走ること3~4時間?!

ホピの村では一切写真や映像を撮ることはできない

ホピ族についてはこちらが詳しく書いておりました⇒ホピ族について

私なんかのイメージだとインディアンって・・・
鳥の羽を頭につけて、上半身裸で馬に乗って
って、思ってしまうのですが・・・

普通の生活をしておりました(笑)

そうだよね

外国の人が日本人は、みんなチョンマゲに着物を着ているとイメージしているのと同じ
何かのセレモニーや儀式以外は至ってふつうの生活を彼らもしている

ただ・・・すっごく目がきれいなんです

3~4家族の方々にお会いさせていただいたのですが・・・
みなさん純粋で目がとっても輝いているんです

顔立ちや背格好は、日本人にとてもよく似ていて・・・
ホピの言葉には日本の言葉に似ている言葉もあり

私が自己紹介すると
『マイネームイズ・・・ユミ、スマ

すると・・・誰もが・・・



変な顔をして驚くんです

というのも・・・

ホピ語では、『ユミ』はとっても卑猥な言葉だそうで

お昼ご飯をよばれに伺ったお宅のおばあちゃんなんて・・・
『ユミなんて・・・なんて可哀そうな名前
って感じで赤面されてしまうほど



毎日、たくさんの方々においで頂き感謝しております  
こちらをポチっご協力して頂けるとうれしいです
      にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ



ホピというのは、平和の民という意味
彼らは常に平和を祈り、月の動きから平和を祈りセレモニーを行っているらしい

出逢った中の一人、ルービンさんは日本に来日して
ホピの話や祈りの儀式で踊るカチーナダンスなどを披露している
来年は、宮崎県に来る予定になっているそうです

ルービンさんとの別れ際になぜか私だけ儀式で使うセージの束を
『日本に持って帰るように』と手渡された
   ↑
なぜ、私だけにくれたのか?意味はわからないんだけど
たぶん・・・私に必要なのだろうと大事に持って帰って
リビングに飾ることにした
20121119.jpg
いい感じでしょ?

ホピ族の方々に出逢って、一番感じたことは・・・

素直に生きている

文明社会に生きていると・・・
仕事をしていると・・・
本音と建て前って、ついつい作ってしまう

彼らに出逢って、私も素直に生きていこう

無理をするのではなく自分に正直に生きていきたい
って思うようになった
  ↑
これって、簡単なようで難しいんだけどね

今回、閉鎖的な社会であるホピ族に逢うことができたのは
友達の麻紀ちゃんと麻紀ちゃんの友達のkenさんのおかげ
普通の旅行では行くことができないところに行くことができたことに感謝

[2012/11/19 16:07 ] | セドナ | コメント(1) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad